新しいバイク

MENU

バイクを購入する際に、中古車と新車で迷いませんか?
そのとき、中古バイクは古いから良くない!
安かろう悪かろう、
という方がいます。
しかし、実は中古バイク購入にはその価格以外のメリットがあるのです?

 

新車だと、自分が最初に乗るという優越感と、保証されているという安心感があります。しかしなんといってもその高い価格です。
それを安心感のための出費とも考えられますが。

 

対して中古バイクは、確かに使用済みのバイクですが、まだ立派に使えます。
そして新車よりずっと安く購入できます。
え、これ中古バイクなの!?と思わせるものも多くあります。

 

では、新車のバイクと中古バイクではどっちがいいのでしょうか?

 

中古バイクは古いから、結局修理代でお金がかかる、という話をよく聞きます。
しかしバイクというのはそこまでやわではありません。

 

走行距離が最初から3万kmをオーバーだったり、
前の持ち主がよっぽどズボラだったならともかく、
規定どおりのメンテナンスを行われていた中古バイクであれば、
国産バイクならばなおさら、簡単には壊れません。

 

もちろん、中古バイクにもデメリットは存在します。
まだ発売されて1年以内の車種だと、中古だからといってあまり安くありません。
それを購入してしまうと、ただ保証のない新車を買ったようなものです。

 

しかし結論から言えば、もし5年以上バイクを使いたいのであれば、
新車が良いかなと思います。
通勤や通学以外でも使用したりする人もこっちでしょう。
そのため、1番費用がかかるのは、数年ごとに新車を買うことです。